ニューアルバム情報、レコ発ワンマン決定のお知らせ
VooDoo Hawaiians ニューアルバムの
タイトルと発売日が決定しました!

『Would You Like Comin' to the Parade?』
2015年12月9日発売。

VooDoo Hawaiiansの6thアルバム11曲入りです。
どうぞご期待ください!

さらにこのアルバムのリリースを記念して、
11月にワンマンライブが決まりました。

2015年11月29日(日)下北沢CLUB251
New Album『Would You Like Comin' to the Parade?』
発売記念ワンマンライブ
*ニューアルバムを発売日より先行して当日会場にて
限定数販売します。

開場18:00/開演18:30 
前売¥3,500/当日¥4,000( 共にドリンク代別)

チケット:251店頭、ローソン、イープラス、バンドWEB予約(各チケット発売日8月25日〜 )

入場順:1、251店頭。2、イープラス&ローソン。3、バンドWEB予約。

問い合わせ先: CLUB251(03-5481-4141)
http://www.club251.co.jp/

バンドWEB予約はこちら
http://voodoohawaiians.web.fc2.com/

来年はこのアルバムのレコ発ツアー『Parade Tour 2016』を行う予定です。
詳細は追ってお伝えいたします。





VooDoo Hawaiians通販スタートお知らせ!

ライヴ会場で販売しているグッズを、会場に行けない人のために通販してほしいというリクエストをたくさんいただきました。
その声にお答えして、VooDoo Hawaiians通販が本日、3月3日にスタートします!
昨年リリースしたCD『LOVE and ROLL』はもちろん、いままで会場でしか販売していなかったTシャツ、そして地方の方から一番ご要望が多かったVooDoo Hawaiians15周年記念パンフレットもこちらの通販サイトでお求めいただけます。全てのアイテムに通販特典ステッカー付き。(1アイテムご購入につき1枚ずつ差し上げます。会場他では入手できない通販特典のみのステッカーです)

ライヴ会場にこられない方はもちろん、ライヴ会場で買いそびれてしまった皆様も、VooDoo Hawaiiansの通販を是非ご利用ください。

VooDoo Hawaiians通販サイトはこちら
http://vdh.theshop.jp/

緊急特報! VooDoo Hawaiians結成15周年パンフレット発売中!
昨年11月でVooDoo Hawaiianが結成15周年ということで、記念パンフレットを限定販売することになりました!
冊数限定の超プレミアパンフです!
内容はVooDoo Hawaiiansの15周年を振り返るにふさわしい過去から現在までの写真やインタビューなど
写真はパンフレットの企画のひとつ鳥井賀句さんとの対談です。

  


line



“Road to LOVE and ROLL 2014-2015”

<2014年>
5月 3日(土、祝)   下北沢CLUB251 SOLDOUT
5月19日(月)     DJ-namijin's bar ヘッドロックカフェ SOLDOUT
6月14日(土)     横浜 セブンスアベニュー
6月15日(日)     横須賀 かぼちゃ屋
7月25日(金)     石巻 BLUE RESISTANCE
7月26日(土)     福島 エリア559
7月27日(日)     米沢 ビリーズバー
8月 2日(土)      札幌 DUCE
8月 3日(日)      Ashibetsu Music Harvest 2014
9月19日(金)     京都 磔磔
9月20日(土)     和歌山 LIVE HOUSE OLDTIME
9月21日(日)     岡山 Desperado
9月23日(火・祝)   広島 LIVE Cafe Jive
10月5日(日)      秋田 由利本庄市文化交流館カダーレ大ホール ※入場無料(要応募)』
10月26日(日)     代々木Zher The ZOO   
11月21日(金)     静岡SUNASH
11月22日(土)     豊橋AVANTI
11月23日(日)     松阪M’AXA
11月24日(月・祝)   彦根COCOZA
11月29日(土)      下北沢CLUB251  VooDoo Hawaiians結成15周年記念ワンマンライヴ
12月23日(火・祝)   横浜THE CLUB SENSATION
12月31日(水)      横浜7thAVENUE


<2015年>
3月6日(金)      福岡 JUKE JOINT (トークライブ)
3月7日(土)      福岡 LIVE HOUSE CB
3月8日(日)      大分 T.O.P.S BittsHALL
4月5日(日)      下北沢CLUB251

VooDoo Hawaiians tour ”Road to LOVE and ROLL 2015 四国編”
5月29日(金)      松山 LIVE&Bar風来坊
5月30日(土)      高松 Live House BEATLES
5月31日(日)      高知 X-pt,(クロスポイント)
6月6日(土)       横浜セブンスアベニュー
6月22日(月)       『コロガキ大収穫祭Vol.5』
8月23日(日)     高円寺ShowBoat
8月29日(土)     横浜 YOKOHAMA SUMMER ROCK FES. Revolution Rocks 2015
8月31日(月)     CLUB CITTA'

9月27日(日)     SOUNDSHOWERark

村騒動第2弾
「Special Live」

開催日時
2015年9月27日(日) 開場 15:00 / 開演 15:30

会場名
SOUNDSHOWERark(サウンドシャワーアーク)
※屋内ですので雨天決行です。(暴風雨、天災除く)

出演者
TheBOP/原子力牧場/Boss&TheWailers/Lki@/ザ・クレーター
スペシャルゲスト:VooDooHawaiians

チケット価格
前売¥3,000 (税込)/当日¥3,500(税込)
※未就学児童無料 ※入場の際ワンドリンク代別途¥500が必要です

チケット:7/1(水)〜

<チケット販売店>
SOUNDSHOWER ark TEL 054-354-3577    
TSUTAYAすみや静岡本店 TEL 054-274-2666
すみやグッディ本店 TEL 054-253-6222

<プレイガイド>
ローソンチケット Lコード [47760]  TEL 0570-084-004
チケットぴあ   Pコード [264−742] TEL 0570-02-9999
e+ (イープラス)  http://eplus.jp (パソコン・携帯)

村騒動ホームページ
http://murasoudou.wix.com/murasoudou

 

10月3日(土)安城昭林公民館

『初秋の三河ロック夜話 安城編』

開場 18:00
開演 18:30
入場無料

出演:
VooDoo Hawaiians
The t−rag

当日は、整理券にて入場出来ます。
詳しくは、安城昭林公民館にお問い合わせを・・・・

安城昭林公民館
0566-77-6688

10月4日(日)岡崎BOPPERS

the t-rag 企画『初秋の三河ロック夜話 岡崎編』

出演
VooDoo Hawaiians
The t-rag
まっちゃんGoGo!!
Re脱

open 18:00 start 18:30
ticket \3000 1drink付

*10月3日「初秋三河ロック夜話 安城編」の整理券をお持ち頂きますと、限定プレゼント有!!!

岡崎BOPPERS
0564-34-4775
http://boppers.jp



チケット予約はこちらから



『LOVE and ROLL』
発売日:2014年5月21日
5曲入り
定価:\1,500(tax in)
AHACD-0003
ALOHA ATTACK RECORDS

収録曲
1,LOVE and ROLL
2,Primitive Rock
3,Going to Hawaii
4,Last Vacation
5,Life is the Music



VooDoo Hawaiiansは結成からすでに15年となる。実に6年ぶりとなる新作は5曲入りミニ・アルバムで、4年間の活動休止期間後、初の作品となる。ファンにとっては本当に待望の音源ということになる。
演奏の安定感はさすがに抜群で極上のガレージ・サウンドに乗ってポップなメロディーが躍動する最高の仕上がりになっている。
タイトルチューン「LOVE and ROLL」と「Life is the Music」は、特に完成度の高いポップナンバーで最高!
「Primitive Rock」での澄田健と中山加奈子のツインヴォーカルも聞きものである。
澄田のギターはさすがだし、中山加奈子のヴォーカル、詞は、一昨年のプリ・プリ再結成を経てますます輝きを増している様に感じる。フルアルバムが待ちどうしい限りである。(黒田義之 )


60年代生まれの我々は、若者限定とされていた時代にROCK MUSICに出会った。

大人の理解を得られぬ“反抗”や“初期衝動”を体現した音楽に頭を撃ち抜かれてしまった者達。

今も社会や政治に向かって吠えたい事は山のように転がっている。大人になった自分を“世の中”の外に立たせて意見する事は簡単だが、「良くならない社会」に責任を果たすべき側の人間になってしまったのも悲しい現実なのだ。

私はそれらを棚に上げて歌い上げる言葉に“虚しさ”を感じてしまう。

VooDoo Hawaiians待望の新譜「LOVE and ROLL」
そこにあるのは、金属疲労で傷付いた肉体、感性のポテンシャル低下を決して隠さず、しかし同世代に発信された紛れもないROCKだ。

「誰もが持っている自分の羽根を信じて飛べ!」と諭されても、もはや慰めにならない大人達に聞いて欲しい。

「飛べないが転がる事は出来る」と胸を張って高らかに宣言したタイトルチューン。平凡な日常をも音楽で彩られる絵空事、今も信じて疑わない溢れる想いを詰め込んだ「Life is the Music」までインストを含む5曲。

進化を恐れないバンド、VooDoo Hawaiiansにとって、最新作こそが常にNo.1である。

最強にして最高傑作「LOVE and ROLL」!
高揚と現実の交錯、それは悲しいほど美しい一瞬だ。

( jubilo )


【ご予約/購入はこちらから】

  diskunion hmv

【配信での購入はこちらから】

●iTunes
アルバム タイトル 『LOVE and ROLL - EP』
https://itunes.apple.com/jp/album/love-and-roll-ep/id919991984


●アーティスト公式サウンド
【スマホページ】
http://music.artistofficial.com/030/100/01/art21389?uid=NULLGWDOCOMO

●アーティスト公式サウンド
【フィーチャーフォンページ】
http://sound.artistofficial.com/030/100/01/art21389?uid=NULLGWDOCOMO

●アーティスト公式サウンドフル
【フィーチャーフォンページ】
http://full.artistofficial.com/030/100/01/art21389?uid=NULLGWDOCOMO


●music.jp
http://musq.jp/4dygp


●オリコンミュージックストア
http://music.oricon.co.jp/php/cd/CdTop.php?cd=SPC00522361&ref_cd=MS1057


●MYSound
【PCページ】
http://mysound.jp/artist/detail/111895/

【スマホページ】
http://f.mysound.jp/art/111895/


●Amazon
http://www.amazon.jp/gp/product/B00NMNG8M6




「LOVE and ROLL」セルフライナーノーツ

「 転がる石には苔も生えない」とはよく出来たセンテンスだが、このLOVE and ROLLもそれに匹敵する意味合いがあるんじゃないかと思う。

我 がVooDoo Hawaiians、約7年振りの新作はこのタイトル曲が出来てきて一気にイメージが出来上がった。基本的に僕はいちギタリストだし、音楽をイチイチ説明 するよりライブで表現する方が好きだ。ただ逆の立場で好きなアルバムのライナーノーツを読んで益々そのアルバムが魅力的になっていったなんて事があった。 なのでこのミニアルバムを聴いてくれた人が、より一層好きになって貰えるなら嬉しいなと思い机に向かってる次第です。ま、ホントはi-phoneに入力し てんだけどねゴロゴロしながら。

LOVE and ROLL
加奈ちゃんから送られてきた簡単なデモには鼻歌とLOVE and ROLLというサビあたまのフレーズしかなかったのだが、聴いた途端に僕のイメージは急速に広がっていった。イントロのリフからサビの展開していく構成ま で確か2,30分でまとまったと思う。バンドで音出して詩が出来るまでも早かった。
サウンドも赤波江氏とのタッグで少ない音数でこの拡がり!
David Bowieへのオマージュ的なコーダの感動的なリフレイン。飛べないがロール。
VDHに苔は生えてなかったぜ!

Primitive Rock
意外に思われるかもしれないがこの曲が今の形を成したのはレコーディング直前。しかも詩もリズムを録ってから出来た。
そもそもちゃんとした曽我のデモがあって加奈ちゃんの詩も出来ていた。しかしバンドとは不思議なもので、自分にフィットする様に曲を変えていくらしい。
歌い出しのフレーズを思い付き、加奈ちゃんが澄ちゃん詩を書かない?と言いツインVOスタイルになり、挙句の果てには鮎川さんから拝借したイントロがギターから出て来た時は自分で自分が可笑しかった。あとは流れる様に皆でロッキンした原始のロック。

Going to Hawaii

そもそもが自分のソロ用に作ったインスト。デルジベットの名または酩酊キーボーディスト藤原マヒト君に教わったハワイのスラックキーギターのオープンチューニングで。
ハ ワイに限らず島は四方が海に囲まれている孤独感を出せたと思いますけど。スラックキーはハワイのカントリーブルース。タイトルはツェッペリンへの憧れっぽ いけど。 4つヴォーカル曲が出来上がってきて、間にインスト曲を挟んだらトータルのイメージがまた膨らんだよね。皆に「録るよ!良いね?」って感じで。

Last Vacation
この曲も曽我のデモがあって。でもこれは逆に曲にバンドが自然と合わせていったね。
こせやんの3連フィルと加奈ちゃんの歌の絡み、曽我の唸るベースとこれも赤波江エンジニアリングでバンドグルーヴ絶好調です。
詩が歌入れ前日まで出来てこなくてプロデューサー気取りの俺は内心ヒヤヒヤしてたんだけど、この世界観は加奈ちゃんの真骨頂だね。素晴らしい。

Life is the Music
ここで初めて白状しますけど実はこの曲、VDHに書いた曲ではなかったのですよ。しかし自分ではそこそこ良い曲が書けたと思ってて寝かしてたんですけど....。
 フィッートッ!

嬉しかったね曲を出したら皆が喜んでくれて。良く寝かした甲斐が有りました。アルバムのラストに相応しい仕上がりになったと思います。

Life is the Music!
まさにそうだな!


皆さん読んでくれて有難う。LOVE and ROLL、可愛がって下さいな。


澄田 健




【ラジオ】
2014年4月30日(水)      かわさきエフエム 「内海利勝 LOVE&PEACE 同じ空の下から
              ↑ラジオの時の動画がこちらでご覧いただけます。
2014年6月11日(水)      かわさきエフエム 「内海利勝 LOVE&PEACE 同じ空の下から
              ↑ラジオの時の動画がこちらでご覧いただけます。

【雑誌・フリーペーパー】
2014年5月 1日(木)      Rooftop
2014年5月13日(火      リズム&ドラム・マガジン 2014年6月号
2014年5月27日(火      GiGS
2014年5月27日(火      B-PASS
2014年6月 2日(月      Player  
2014年6月 9日(月      SOUND DESIGNER 
2014年6月13日(土      We ROCK 

【web】
CDジャーナル
yahoo headline
沖縄LOVEweb
ライブイコーゼ!
  6/15横須賀かぼちゃ屋で行われたVooDooHawaiiansのライブがレポートが掲載
  http://liveikoze.com/news_detail.php?lnid=816988c5bc77a9febdccdbc206c27f28